脱毛症の中で、一般に知られているのが「円形脱毛症」だ。

FrontPage

円形 脱毛症 原因



脱毛症

脱毛症とは、本来あるべきの頭髪や体毛が、短期間で抜け落ちてしまう症状です。脱毛症といえば、主に頭部にできるものを想像するが、体毛や脇毛、陰毛や眉毛にも見られる症状で、それらも総称して脱毛症と呼ばれている。最近、ストレスが多い現代社会を象徴するかのように、脱毛症の人が増えているようだが、男性にも女性にも、分け隔て無くみられる。脱毛症の原因には、大別するといくつかあるようで、最近はやはりストレス性の脱毛症が多いようだ。進行性の脱毛症になると、頭髪から始まり、体のあらゆる毛が抜け落ちてしまう事もあるので、侮ることはできない。

脱毛症は皮膚科に行き、医師に相談するのが最良の解決法であり、最新の治療が受けられるので、完治も早くなると思われる。脱毛症は、どなたにも発症する可能性はあるので、知識として、そのメカニズムを知っておいても損はないはずだ。脱毛症に悩む人は、年々増えているようだが、私も過去に脱毛症になってしまい、悩んだ経験がある。私の場合、頭髪に一円玉ほどの円形脱毛症が3つほど出来てしまい、完治するのに、およそ半年ほどかかったと記憶している。怖いのは、脱毛症になったこと自体が新たなストレスとなり、症状が悪化して治るのが遅れることで、こうなると悪循環に陥り、精神的にもキツい。私の場合、比較的軽度の脱毛症だったらしく、割合に短期間で毛が生えて、現在は完全に治り痕(あと)さえ判らない。

脱毛症になって、皮膚科で診察を受けることも考えていたが、迷っているうちに脱毛部分から産毛が生えて来たので、様子を見た。脱毛症から2~3ヶ月ほどで、脱毛部分からの産毛が大分しっかりしてきたので、正直ホッとしたものだ。この時の経験から、私は「脱毛症は治るものだ」という事を、身をもって知った。脱毛症の原因や症状、進行の速度などは個人差があり、人それぞれである。その人に合った治療法を選択し、的確に対処することが脱毛症では大事だろうし、選択を誤ると、逆効果になってしまう場合があることを覚えておきたい。原因と考えられるモノを取り除き、正しい治療法を施せば、脱毛症は治る筈なのだ。

脱毛症の原因が、「免疫異常」や「自律神経障害」の場合は、戦いは長期戦になることを覚悟した方がいいだろう。その他の脱毛症の原因としては、「内分泌異常」などがあるようだが、これらの疾患が原因の場合は、その疾患の治療が先決になる。「免疫異常」や「自律神経障害」、「内分泌異常」が原因の脱毛症の場合は、それらの疾患が完治して、初めて脱毛症の改善も望める。脱毛症に関しての知識や治療法、皮膚科の情報などは、参考までに、文章上下及び左メニューに上げておきます。脱毛症の大多数の人は完治しているので、悩まずに前向きに考えて完治していただきたい。





a:5639 t:2 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.18
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

QLOOKアクセス解析